年次有給休暇まとめ

年次有給休暇に関する様々な情報を集めた 年次有給休暇まとめ

タグ: 時季変更権



年次有給休暇を繰り返し、複数回取得しようとする社員に対して、どのような対応をすればいいのでしょうか?
時季変更権を行使し、年次有給休暇の取得を妨げてもいいのでしょうか?

原則としては、年次有給休暇は労働者が望む時季に与えなければなりません。

時季変更権を行使して年次有給休暇の取得時季を変更させる場合は、時季変更権を行使する条件を満たしているかどうかをしっかり確認する必要があります。
時季変更権は、濫用しないように注意が必要です。


◆繰り返しの請求であっても、労働者が望む時季に休暇を与えなければならない 

年次有給休暇は労働者の権利として労働基準法に定められています。
年次有給休暇を取得する日は労働者が指定することによって決まります。
たとえ繰り返しの休暇請求であっても、会社側(使用者)は指定された日に年次有給休暇を与えなければなりません。

しかしながら、労働者の指定した日に年次有給休暇を与えると、事業の正常な運営が妨げられる場合には、休暇日を変更する権利(時季変更権)が認められています。(労働基準法第39条4項)


◆時季変更権は「事業の正常な運営を妨げる場合」に行使できる

時季変更権の行使が認められているのは、事業の正常な運営を妨げる場合に限られます。
例えば社員人数が5名の会社で、4名が一斉に年次有給休暇を請求したら、残りの社員1名では業務が行えません。
こういった場合は、使用者は「時季変更権」を行使できることになります。
しかし同じ会社で、5名のうち1名が年次有給休暇を請求した場合に、忙しいから、繁忙期だから、みんな休暇をとらずに頑張っているのだから、などの理由で「時季変更権」を行使することはできません。

時季変更権は濫用せず、本人と会社側とで話し合いを持ち、本人の理解を得た上で年次有給休暇の取得時季を変更するということが理想的だといえます。





社員から長期の年次有給休暇の申請を受けました。
当該社員は、社内でも特に専門的知識を有する部門を担当しています。
また、経営上やむを得ない事情で当該社員以外の者を代替配置できず、
相当の配慮をしても調整ができない事から 、時季変更権を行使し
年十九休暇の申請を認めない処分をしようと考えていますが、可能でしょうか? 


可能です

長期で連続した年次有給休暇取得に対する時季変更権の行使については、
使用者(企業)にある程度の裁量的判断が認められる場合があります。
(最判平成4年6月23日)





 












労働者が年次有給休暇を消化する場合、その理由は問われません。
また、使用者は、労働者から「年次有給休暇を消化したい」と請求された場合は、それを認めなければなりません。

ただし、請求された時季に有給休暇を与えると、事業の正常な運営が妨げられるという場合は、この請求を、他の時季の消化として認めることができます。
これを、「時季変更権」といいます。(労働基準法第39条4項)

例えば、社員5人の会社で4人が一斉に年次有給休暇を請求したら、残りの社員1人では業務が行えません。
こういった場合は、使用者は「時季変更権」を行使できるのです。


このページのトップヘ