東京都産業労働局「TOKYO働き方改革宣言企業」では、年次有給休暇の取得促進のための制度の整備について記事をまとめています。

従業員にもっと年次有給休暇を取得してもらいたいとの考えから、働き方改革宣言を行う企業が少なくない一方で、年次有給休暇の取得率は48.7%(全国・平成28年就労条件総合調査より)と低調で、年次有給休暇の取得が挙がらないという現実があります。

年次有給休暇の取得率が挙がらない原因として記事では、「特別な事情や用事がなければ休んではいけない」「病気などに備えるため」「休むと職場の他の人に迷惑をかけるから」「仕事量が多すぎて休んでいる余裕がないから」といったアンケート結果を掲載し、勤め先の制度・管理面や職場の理解の面での改善が課題であるとまとめています。


続きを読む