6ヶ月間のパート契約を結んでいた労働者がいます。
このたび、パート雇用契約を更新することになりました。
この場合、年次有給休暇はどうなるのでしょうか。


年次有給休暇は、労働基準法39条により、雇い入れの日から起算して6箇月継続勤務することが発生条件となっています。
したがって、当初結んでいた6カ月の有期契約の場合には、年次有給休暇は発生しません。

契約が更新され、引き続き雇用することになった場合は、
1)継続勤務に該当する
2)出勤率が8割以上である
ことを条件に、6ヵ月契約を更新した時点で、年次有給休暇が発生することになります。

1)の継続勤務に該当するかどうかは、「使用者が労働者を指揮監督して、労働に従事せしめているという実質的な関係が引き続いているか否かという点」で判断されます。