現在働いている会社では、年次有給休暇が1年で消滅してしまいます。
会社の決まりだからといわれましたが、これは違法ではないのでしょうか?


年次有給休暇の期限は、労働基準法115条(時効)に以下のように「2年」と定められています。

この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は2年間、この法律の規定による退職手当の請求権は5年間行わない場合においては、時効によって消滅する。

従って、年次有給休暇が1年で消滅する場合、会社側が労働基準法について十分に理解していないおそれがあります。
労働基準監督署に相談してみましょう。