労働基準法が改正され、年次有給休暇の強制取得制度ができるとききました。
どのような制度なのでしょうか?

現在審議されている労働基準法の改正案は、例えば、付与された年次有給休暇が10日以上であった場合、そのうちの5日について、毎年、会社が労働者に対し時季を指定して与えなければならないという制度です。
すでに労働者が5日以上の年次有給休暇を取得していた場合や、5日以上の年次有給休暇の計画的付与を行っている場合には、会社が時季を指定して付与する必要はないとされています。