突然の体調不良で会社を休みたいと思っています。
このような場合、年次有給休暇を使って休みをとることはできるのでしょうか?

体調不良で会社を休むときに、年次有給休暇を使用できるかどうかについては、会社によって判断が異なります。

年次有給休暇は、どのような理由であっても取得することができます。
体調不良であっても、旅行であっても構いません。
会社側は、年次有給休暇の利用目的によって、休暇の取得を制限することはできません。

しかしながら、「体調不良の際には年次有給休暇を充当しなければならない」というような規則は、労働基準法には定められていません。

したがって、「年次有給休暇をいつどのようなタイミングで申請するか」によって、会社側が取得の可否を判断することになります。

年次有給休暇は「事前申請」が基本とされています。
事前に取得予定日を申請し、その日がきたら年次有給休暇を取得するというパターンです。
体調不良の場合、とりあえず仕事を休み、後から年次有給休暇として処理する「事後申請」となります。
このような「事後申請」が認められるかどうかは、会社によって異なります。
「事後申請」を認めていない会社は、年次有給休暇にできず「欠勤」扱いとされてしまいます。