年次有給休暇と積立保存休暇(積休)の違いは何でしょうか?

積立保存休暇(積休)は、失効する年次有給休暇を積み立てて、業務外の傷病や家族の傷病に対する介護のためなどに会社を休むときに使用することができるものです。
退職したり解雇されたりしない限り、効力を失うことはありません。

積休として積み立てることができる日数は、会社によって異なります。

積休は年次有給休暇のように労働基準法の休暇を受ける休暇ではないため、会社の事情によっては与えられないこともあります。