年次有給休暇は、雇用から半年間継続して勤務していること、且つ、その間の全労働日の8割以上を出勤することが付与の条件になっています。
その後1年ごとに、継続勤務と8割以上の出勤を満たすことで、法定の年次有給休暇が付与されます。

この8割以上の出勤が満たされたかどうかの判別において、「業務上災害による休業」は出勤したものとみなすことになっていますが、「通勤災害による休業」は認められていません。

通勤災害による休業が長引くと、8割以上の出勤を満たさなくなる恐れもあります。