年次有給休暇の付与条件の一つである出勤率8割という条件を
満たさない社員がいた場合、当該社員の次期年次有給休暇の付与は
何日になるのでしょうか。

年次有給休暇を法定の日数付与している場合、入社半年で10日、
入社1年半(最初の付与から1年後)で11日、入社2年半(最初の付与から
2年後)で12日と付与されていきます。

例えば、入社半年後の出勤率が8割を満たさず、付与日数がゼロ日だった
場合は、次期付与タイミングは入社1年半後、付与日数は11日となります。
その時も出勤率が8割を満たさなかった場合は、入社2年半後に12日の
付与となります。

尚、就業規則に定めがある場合は、規則に従って付与を行います。