2010年から年次有給休暇の時間単位取得が可能となりましたが、
この制度を導入している企業は全体の1割程度と普及は進んでいないといいます。

BLOGS「有給休暇の「時間単位の取得制度」を導入する企業は1割どまり
育児や介護に使えるはずなのに」では、厚生労働省の調査結果を
もとに記事をまとめています。


[以下引用]
厚生労働省は10月15日、2015年の「就労条件総合調査」の結果を公表した。
2014年度の民間企業における従業員の有給休暇取得率は47.6%で、
前年度より1.2ポイント下落した。