年次有給休暇の請求権は、2年で時効消滅します。

今年度内に消化されなかった年次有給休暇は、翌年度に繰り越しされます。

繰り越しの際、翌年度に消化する年次有給休暇について、
「繰越年次有給休暇(前年度分)」と「当年新規発生した年次有給休暇」の
どちらから先に消化しているか、という問題が発生します。
これは、当事者の合意が優先します。
特別な合意がない場合は、労働者の時季指定権の行使は
「繰越年次有給休暇(前年度分)」から消化されていくものとするのが自然です。

労働基準法第115条(時効)
この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は2年間、
この法律の規定による退職手当の請求権は5年間行わない場合においては、時効に
よつて消滅する。