NPO法人等が「骨髄ドナー休暇」を設けようと企業側へ働きかけています。
(骨髄バンク休暇制度などと呼ばれる場合もあります。)

「骨髄ドナー休暇」とは、従業員が骨髄提供及び末梢血幹細胞を提供する
10日間を年次有給休暇として扱うという休暇制度です。

ドナーは、骨髄等の提供に必要な期間の休業補償がなく、自己負担と
なっています。

骨髄移植を待つ患者さんにより多くの移植のチャンスをもたらすために、
普及促進の運動が行われています。