従業員の中に、年次有給休暇をたくさん消化し使いきる人と、
全く消化しない人とがいて差が出てしまっている場合、
どのような対応をすればいいのでしょうか。

年次有給休暇を全く消化しない人の評価を優遇するといった処置は、
労働基準法に抵触する為、行うべきではありません。

労働基準法附則136条
使用者は(中略)有給休暇を取得した労働者に対して、
賃金の減額その他、不利益な取り扱いをしないようにしなければならない。


年次有給休暇の計画的付与など、従業員が平等に年次有給休暇を
取得できる環境を整備することが重要です。

従業員によって忙しさに差がある場合は、業務の見直しを行う
ことも必要でしょう。