雇用契約書(雇用条件通知書)に年次有給休暇に関する取り決めが
一切記載されていなかった場合に、それを理由に年次有給休暇の
付与を行わないことは、違法になります。

雇用契約書は、下記5項目は必ず記載しなければならないことが
法律で定められています。

1)契約期間
2)就業場所、従事する業務
3)始業と終業の時刻、残業の有無、休憩時間、休日、休暇、
  交代時間と順序(交代制の場合)
4)賃金の計算、支払い、昇給について
5)退職について

3)に休暇が含まれているように、通常は年次有給休暇についても
記載が必要です。

記載がない場合でも、年次有給休暇は労働基準法で定められた
労働者の権利であるため、使用者(会社)は労働者に年次有給休暇を
付与する義務があります。