年次有給休暇の一部を固定的に取得させる方法として、「年次有給休暇の
計画的付与」があります。
「年次有給休暇の計画的付与」においては、従業員各自に付与された年次
有給休暇の5日を超える日数を固定的に取得させることができます。

事前に取得申請を行う事ができる慶事の慶弔休暇(結婚式など)と、
計画的付与による年次有給休暇とでは、どちらが優先されるのでしょうか。

計画的付与として年次有給休暇を取得する日に慶弔休暇の取得を申請した
場合に、どちらを優先するかという点については、「年次有給休暇の計画的
付与」に関する労使協定で任意で定めることが可能です。

労使協定に「一斉付与日に慶弔事由が生じた場合は、慶弔休暇を優先して
取得する」等の定めを置く事で、慶弔休暇を優先させることが可能になります。