年次有給休暇は入社半年後からもらえる、とよく言われますが、これは、
入社日から半年間勤務し、全労働日の8割以上を出勤したら、10日の
年次有給休暇が付与される、という労働基準法の定めに従ったルールです。

企業によっては、入社後半年に満たない場合でも、年次有給休暇を付与
してくれるところもあります。
労働基準法の定めを下回る年次有給休暇の付与は違法になりますが、
上回る分には問題がない為、会社の判断次第となるのです。

入社時に3日もらえる、入社3カ月後にももらえる、など、企業によって
対応が異なります。