会社役員には、年次有給休暇は発生するのでしょうか?

年次有給休暇は、労働者の権利として発生する休暇であると労働基準法に定められています。
会社役員は労働者に該当するのでしょうか?

通常、役員(取締役など)と会社は「雇用契約」ではなく「委任契約」を結んでいます。
雇用契約がない=会社役員は労働者ではない=自分の裁量で労働時間や休暇を決める事ができる為、年次有給休暇は不要であると判断し、年次有給休暇は発生しません。

しかしながら、兼務役員、つまり役員と労働者を兼ねている場合に、労働者としての側面が強い場合は、年次有給休暇が発生します。
(労働者としての側面が強いかどうかについては、勤務実態で判断します。)

この時の年次有給休暇の付与日数などは、就業規則に従います。
(労働基準法には、兼務役員である場合は何日付与する、といった具体的な条文はありません。)