社員が半日の年次有給休暇(半休)を取得した時には、当該社員に
残業代が発生する可能性があります。

例えば勤務時間が9時~18時(休憩12~13時)である会社で午前半休を

とり、午後から出社した社員が、定時18時で上がれなかった場合、
18時以降の勤務は残業扱いとなります。

半日の年次有給休暇を取得した日にさらに残業代がかかる状況が発生

するのを避ける為には、就業規則を修正します。

就業規則内の「勤務時間9時~18時」という記載を、「8時間」と

修正します。

この修正により、18時以降の勤務は残業扱いにはならず、実働8時間を
超える勤務が残業扱いとなります。

午前中に半日の年次有給休暇を取った社員が21時まで勤務をした場合、

「勤務時間は9時~18時」だった時は3時間分の残業代を支払わなくては
なりませんが、「勤務時間は8時間(8時間を超える勤務を残業とする)」
であった場合は、残業代を支払う必要は発生しないのです。