社員総数が少ない小規模企業で、同じ業務を担当する複数社員が、
同じ日に年次有給休暇を取得したいと申請を行った場合に、申請
タイミングが早い者にのみ休暇を与えることは違法でしょうか?


労働基準法では、労働者から事前に年次有給休暇の申請があった
場合、指定された日に取らせなければならないという原則があります。
(労働者の「時期指定権」。)


その一方で、当該年次有給休暇の取得によって、事業の正常な運営が
妨げられる場合には、会社側は、指定された時期を変更できる権利
(会社の「時季変更権」)が与えられています。


会社が時季変更権を行使する為には、会社の規模や休暇を請求して
いる社員の職場上の配置、その作業の性質、繁閑、代行者の配置の
難易、同時に休暇を請求する者の人数等を考慮する必要があります。


複数の社員が同じ日の年次有給休暇取得を希望して申請を行った
場合には、通常、事前申請である限りどちらにも年次有給休暇を
与えなければなりません。

「複数社員の休暇を同日には取得させない」や「早い者順で一方にだけ
休暇を与える」という取り扱いは法律の解釈にないからです。


会社の規模や業務担当者の人数を考慮し、時季変更権の行使を検討
するとよいでしょう。

どの社員の年次有給休暇取得時季を変更するべきかについては、

当該日に会社がより必要とする社員、もしくは休暇を取る必要性が低い方に

時季変更権を行使するのが合理的であると考えられます。



参考:まほろば「「有給休暇は早い者順」とするのは労働基準法違反?」