通常の会社員であれば、仕事の区切りを付けたり、他の社員への

引き継ぎを行って年次有給休暇を取得する事ができます。


教員の場合は授業や担任のクラスを受け持っている場合もあり、

生徒との信頼関係を損なわない為にも、年次有給休暇の取得は

好まれません。


しかし、冠婚葬祭など休まなければならない場合もあります。


年次有給休暇を取得する場合は、事前に他の教師や受け持つ

生徒へ伝えておくなどの配慮を行うとよいでしょう。


年次有給休暇を取得する時は、自分の受け持つ授業を自習に

する方法と、時間割を変更する方法があります。


自習にする場合は、その時間に授業を受け持っていない他の教員に

生徒の監督を頼まなくてはなりません。


時間割を変更する場合は、授業時間が足りないという他の教員に

頼み、授業を受け持ってもらいます。


どちらにしろ授業を休むという事は、休んだ分だけどこかで穴埋めを

行う必要があります。


担任のクラスを持っている場合は、他のクラスの担任である教員や

その他の教員にホームルームの代わりを依頼する必要があります。


また、生徒のテスト期間中や夏季、冬季の長期休業期間に

休むなど、年次有給休暇を取得する時期を考えて取得する方法も

あります。