年次有給休暇は、使用者(会社)と労働者間の労働契約に基づいて発生します。
従って、退職・解雇等によって労働契約が終了すると、消滅します

解雇は、30日以上前に労働者へ通知する必要があります(解雇予告)。
年次有給休暇の残日数が40日ある場合に、30日後の解雇を通達された場合、
最低でも10日間の年次有給休暇が消化できないまま消滅します。


解雇予告手当(30日分以上の平均賃金を支払う)を支払って即日解雇となる場合は、
年次有給休暇の残日数は消化できないまますべて消滅します。