年次有給休暇の半日単位での取得を認めている場合に、
「半日の年次有給休暇については次年度への繰り越しを行わない」と就業規則に
定めた場合、この規則は違法でしょうか?


当該規則が、労働基準法で定められた法定の日数を対象としている場合と、
法定の日数を上回る日数について対象としている場合とで、違法かどうかが異なります。

労働基準法を上回る日数が当該「半休」の対象である場合、これらについては2年の
「時効」が適用されない為、次年度への繰り越しは行えないと定めても違法ではありません。

しかしながら、労働基準法で定められた法定の日数については、
「時効2年」と定められている為、労働基準法どおり、半日単位の取得であっても
2年間は消滅させてはならないことになります。

参照:知っておきたい雇用のルール