年次有給休暇の残日数を従業員へ毎月通知しない場合、この行為は違法でしょうか?

労働基準法等の法律においては、使用者(会社)が従業員に対して年次有給休暇の
残日数を通知する義務があるとは定められていません。
従って、通知しなくても違法ではありません。

従業員への通知を行う義務はありませんが、年次有給休暇の管理は行わなければなりません。

また、年次有給休暇の残日数を照会してきた従業員に対しては、残日数を通知できるようにして
おく必要があります。

近年では、給与計算ソフトで作成する毎月の給与明細書内に年次有給休暇の残日数を
出力することができるため、給与明細にて通知を行う使用者(会社)が増えています。