年次有給休暇の申請について、休暇取得日の1週間前までに申請をしなければ
ならないと上司に言われたとします。

しかし、就業規則にはそのような定めはありません。

上司の発言は違法なのでしょうか?

年次有給休暇は原則として、労働者の請求する時季に与えられるものであると
されています。(労働基準法39条4項)。

これに沿って言えば、年次有給休暇の申請を行ったタイミングを問わず、
申請した分だけ年次有給休暇が認められるということになります。

しかしながら、使用者(会社)側は、業務上の様々な調整が必要となります。
突然休暇を取得されることによって、業務に支障が生じる可能性があります。
従って、1週間前に申請をすることを求める上司の発言は、合理的なものであり、
違法ではないと言えます。
(運営の状況によっては違法となることも有り得ます。)


参照:弁護士法人ラグーン「有給休暇に関するQ&A」