年次有給休暇ストック制度とは、失効年次有給休暇の積立制度ともいえるものです。


年次有給休暇ストック制度とは

会社を退職することに決めたとき、積み立てを行っていたストック休暇を消化してから
退職することはできるのでしょうか?


労働基準法で定められている範囲の年次有給休暇は、「法定年次有給休暇」と呼ばれます。
「法定年次有給休暇」は労働者の権利であるため、労働者がこれを取得してから退職することを
会社(使用者)は妨げることはできません。

退職時の年次有給休暇

それに対して、ストック制度によって積み立てるストック休暇は、「法定外年次有給休暇」です。
「法定外年次有給休暇」は、会社(使用者)が、労働基準法で定められる「法定年次有給休暇」
以上に与える年次有給休暇です。

「法定外有給休暇」の取得ルールは、会社(使用者)が決定できます。

ストック制度によって積み立てされたストック休暇の消化について、就業規則に定められている
場合もあります。

退職時にストック休暇を消化してから退職することができるかどうかという点については、
会社(使用者)側へ確認を行いましょう。