半日の年次有給休暇(半休)の取得を認めている場合に、
年間の半休の取得日数に上限を設け、半休取得数を制限する事は
可能なのでしょうか?

「法第39条に規定する年次有給休暇は、1労働日を単位とするものであるから、
使用者は労働者に半日単位で付与する義務はない」という取り扱いが示された
通達があります(昭和63年3月14日 基発150号)。

年次有給休暇は、原則として暦日単位で取得するが、使用者(会社)が認めた
場合に例外的に、半日で取得させてもよいというものです。


半日の年次有給休暇(半休)は、このように会社の承認が前提で導入される制度
であるため、半休に、例えば5日を上限にといった制限を設けることが可能です。

(半休の取得上限は、暦日での年次有給休暇の取得を妨げるものではありません。)

制度を変更する場合は、就業規則にその取扱いを追加します。
また、従業員に制度変更の趣旨をしっかり説明することで、
トラブルを回避する事ができるでしょう。


参照:大熊社労士の分かりやすい人事労務管理相談室「半日年休の取得回数に制限を設けることはできますか?」