別会社の社員を、転籍により受け入れることになった場合、
転籍者の年次有給休暇はどのように処理をしたらよいのでしょうか?

転籍においては、年次有給休暇を引き継ぐ事、及び、勤続年数を通算する事
条件となっているとします。



転籍の場合には、全く新たな雇用契約を締結することになります。
従って使用者に、年次有給休暇を継承する等の「義務」はありません。


継承分の年次有給休暇、及び、勤続年数の通算等の引継ぎ処置については、
転籍者本人と相談の上決定します。


転籍後発生する年次有給休暇については、法定の年次有給休暇付与を守らなければなりません。
転籍から半年(6か月)経過時に10日の付与を行います。


以降の年次有給休暇の付与タイミングは、転籍先のルール(入社日方式、指定日方式など)に
沿って行い、その際に、転籍時に引継いだ勤続年数を反映させる等の処置を行います。



参考:「日本の人事部」-転籍者の年次有給休暇の取り扱いについて