当日の朝、出勤してから、
「今日、年次有給休暇を申請したい」
という社員がいた場合、会社側はこれを認めなければならないのでしょうか?

法的には、この年次有給休暇の申請を認めなければならないという決まりは
ありません。


まず、年次有給休暇は暦日単位で取得するように定められています。
暦日単位とは、1日(午前0時~24時間)を指してます。

出勤してから申請を行った場合、当然その日の午前0時は過ぎている
事になります。


また、会社側には「時季変更権」という権利があります。
業務に必要な人員が確保できないといったような、正常な運営を妨げる時には、
年次有給休暇の申請を妨げる事が可能です。


法的には年次有給休暇の当日申請を認めなければならない決まりはありませんが、
実際には現実的な処理が求められる場合が多くあります。


(出勤してきたものの体調が悪いと言ってきた社員に対し、
年次有給休暇を認めず欠勤扱いにするのは、どうか?など)


会社としては、年次有給休暇の当日申請を認めるか否かについて、
予め運用を検討しておく必要があります。


また、労働者に対しては、できるだけ余裕を持った申請を行って欲しいことを
アナウンスしておくとよいでしょう。