管理監督者とは、「労働条件の決定その他労務管理について経営者と
一体的な立場にある者」を指します。

管理監督者として判断される為には、


・企業の経営方針や労働条件、採用の決定に関与していて、経営者と一体的な立場にあること、
・基本給や手当、ボーナス等の一時金の支給率等において、一般労働者と比べて、
 その地位にふさわしい待遇がされていること


などが求められます。

(出退勤等について遅刻や早退の賃金控除、制裁等を受けている場合は、管理監督者に
該当しません。
「管理職」という肩書きがあっても、実質的には管理監督者でない場合もあります。)

労働基準法第41条で、


「監督若しくは管理の地位にある者(管理監督者)は、労働時間、休憩及び休日に
関する規定は適用しない」


と定められており、管理監督者には、時間外や休日に労働した場合でも割増賃金を支払う
必要はありません。


しかしながら、年次有給休暇や深夜勤務に関する規定については、管理監督者も適用されます。

従って、管理監督者から年次有給休暇の申請があった時は、これを与えなければ
なりません。