契約社員など、有期契約(有期雇用)労働者も、一定の要件を満たせば、
年次有給休暇が付与されます。

年次有給休暇は、
入社日から起算して6ヵ月間継続して勤務していて、且つ、
全労働日の8割以上を出勤した労働者
に対して、与えられる休暇です。


有期契約(有期雇用)労働者であっても、上記の条件を満たしている場合は、
年次有給休暇が付与されます。


「継続勤務」の条件については、契約期間が6ヵ月を超えている場合はもちろん、
6ヵ月未満の短期契約であっても、契約を更新し、6ヵ月を超えて勤務する
場合
も、該当します。


また、「継続勤務」の要件を満たしているかどうかについては、勤務実態に即して
判断されるものです。

契約期間と契約期間の間に、短期間の間隔があいたとしても、
それだけで当然に継続勤務が中断されたと判断される訳ではありません。