社員から、年次有給休暇を前借りしたいという申し出があった場合、
会社側は応じなければならないのでしょうか?

行政解釈では、年次有給休暇の前借りを行う事自体は差し支えない事であると
されていますが、これは、労働者の権利ではありません。

つまり、社員から年次有給休暇の前借りの申し出があった時、
会社側には、これを受け入れなければならない義務はありません。


仮に会社側が、社員からの年次有給休暇の前借り申請を受け入れた場合、
会社側は、翌年発生する法定の年次有給休暇の付与日数から、前貸しした
年次有給休暇の日数を差し引く事になりますが、これは、


当該年度中に労働者からの請求ある限り最低限労基法所定の年休日数を与えるべきである


とする労働基準法39条1項、2項に違反する為、行えないと考えられています。


つまり、前貸しを行った分の年次有給休暇の日数を、翌年の年次有給休暇の付与日数から
差し引くことはできないという事になります。


ただし、労働基準法で定められる法定年休を超える日数の付与を行っている場合についての、
前借り申請である時は、前借りを認め、前借りされた日数を翌年の「法定外」年次有給休暇の
付与日数からマイナスしても、労働基準法に抵触することはありません。