休職
とは、労災以外の怪我や病気、家族の介護などの「労働者の都合」により、
仕事を休むことです。

休職期間中は、雇用関係が維持されたまま、労働義務が免除されている状態になります。

では、休職期間中に、年次有給休暇を消化する事はできるでしょうか?


年次有給休暇は、「労働義務がある日」の、労働義務を免除するものです。


対して、休職期間は、「労働義務が免除」されています。


労働義務がない(免除されている)日に対して、さらに労働義務を免除する事は
できませんので、休職期間中には年次有給休暇を消化する事はできません。