年次有給休暇ストック制度とは、失効年次有給休暇の積立制度ともいえるものです。


消化できないまま時効消滅した年次有給休暇の残日数を、一定日数に達するまで積立てて、傷病などの長期休暇や家族の介護など、限定された目的の範囲内で使用できるとする制度です。


制度については、就業規則等で各企業が設定するものです。

積立日数の上限は、30日~60日の間で定める事が一般的であるようです。