派遣労働者にも、年次有給休暇は付与されます。
年次有給休暇は、労働基準法に定められた労働者の権利です。

派遣労働者の年次有給休暇の付与日数も、労働基準法に基づいて
決められています。
(参照:「年次有給休暇の付与日数」)

派遣労働者の年次有給休暇といえば、「年次有給休暇を取らせてもらえない」と
いったトラブルが多いようです。


派遣労働の場合、派遣先の会社と派遣会社との関係があります。
「派遣先に迷惑をかけないため」という派遣会社側の都合で、
年次有給休暇の取得について、時季や日数などの「お願い」をされる事も
あります。


年次有給休暇の取得は労働者の権利ですが、その為にトラブルが起きたり、
社内で気まずい思いをするのは避けたい所です。
早めの申請を心がけるなど、計画的な年次有給休暇の取得ができるとよいでしょう。


その上で、派遣会社と話し合いを行い、どうしても状況が改善されない場合は
労働基準監督署へ相談をしてみましょう。


(労働基準監督所へ相談へ行った事を理由に、契約を更新してもらえない可能性もあります。
労働基準監督署への相談の際は、最初は会社名などを伏せて、
「契約の更新に不利になるかもしれない事が不安だ」という点も含めて、
相談をしてみるとよいでしょう。)