「パートやアルバイトで働いているけれど、年次有給休暇なんてもらったことがない。
 週に何日も、正社員と同じだけ働いているんだけれど…?」

という話が、よく聞かれます。


労働基準法では、付与対象条件に当てはまるパートやアルバイトなどの短日数労働者に、
年次有給休暇を与えることが義務付けられています。


【年次有給休暇の比例付与の対象となる労働者】
●週の所定労働時間が30時間未満、且つ、週4日以下の所定労働日数の労働者

●週の所定労働時間が30時間未満、且つ、年216日以下の所定労働日数の労働者


参照:「●年次有給休暇の比例付与とは?」

年次有給休暇の比例付与の対象になっているのに、年次有給休暇が付与されない場合、
使用者は労働基準法に違反していることになります。


トラブル解決の一歩として、労働基準監督署に相談をしてみましょう。


参照:「パートで有給休暇もらえないのですが?」(Yahoo!知恵袋)
参照:「パートに有給休暇をくれない」(Yahoo!知恵袋)