退職をする時に、消化をしていない年次有給休暇が残っている事があります。

年次有給休暇は、退職をしてしまうと消滅してしまいます。

年次有給休暇は、労働基準法に定められた労働者の権利ですから、

その取得理由に関わらず、労働者は年次有給休暇を消化する事ができます。

「退職をするから、残りの年次有給休暇を消化したい」

という理由でも、使用者は労働者が年次有給休暇を取得する事を妨げる事はできません。


<年次有給休暇を全て消化してそのまま退職する事はできる?>

20日後に退職する予定で、残り20日分の年次有給休暇を使用し、そのまま退職したいと

いう労働者がいて、使用者はこれを認めたくないとします。

このような場合、使用者側は時季変更権でこれに対抗できそうですが、

20日後に労働者が退職した後に時季変更権を使用することはできませんから、

退職日を越えて、時季の変更をする事はできません。


年次有給休暇の取得は有効となります。


<消化できない年次有給休暇の買い上げ>

退職時の年次有給休暇については、買い上げを行っている会社も多くあります。

退職時に、消化しきれなかった年次有給休暇を、就業規則に従って買い上げを行う事は、

労働基準法で認められています。

(●年次有給休暇の買い上げは合法?違法?)


就業規則で定められている場合>

先の「年次有給休暇を全て取得してそのまま退職」する場合や、

「年次有給休暇の買い上げ」を行う場合などについて、

各企業ごとの就業規則に具体的な定めがある場合は、就業規則に従った処理が行われます。

使用者が、就業規則の退職条項の記載を確認、必要があれば変更を行っておくと、

労働者退職時の年次有給休暇の消化トラブルを減少させる事ができるでしょう。