年次有給休暇の付与日数に、上限はあるのでしょうか?

労働基準法第39条では、年次有給休暇の付与日数の基準が定められています。

(●年次有給休暇の付与日数 参照)

ここに定められている基準は、「これを下回ってはならない」というものです。

労働基準法に定められた基準よりも多い年次有給休暇を付与したり、

時効までの期間を基準よりも長くする事に、問題はありません。

年次有給休暇の付与日数の上限は、各会社次第となります。


参照:Yahoo!知恵袋「有給休暇の付与日数のことで伺います。 有給休暇日数は2年まで持ち越し可能です...」