下記2つの要件を満たした場合、労働者は、年次有給休暇を付与されます。

(1)雇い入れられた日から6か月経過している事

(2)その期間の全労働日の8割以上出勤している事


●一般労働者の有給休暇付与日数

週所定労働時間が30時間以上で、所定労働日数が週5日以上の労働者、又は、

1年間の所定労働日数が217日以上の労働者の場合は、

上記(1)(2)の条件を満たすと、有給休暇10日が付与されます。

さらに、最初に年次有給休暇を付与された日から1年が経過した日に、

(2)と同様の要件(最初の年次有給休暇が付与されてから1年間の全労働日の8割以上を

出勤している事)を満たせば、11日の年次有給休暇が付与されます。

その後も要件を満たすことにより、下記の表Aに示す日数の有給休暇が付与されます。

【表A】
雇い入れの日から計算した勤続年数 有給休暇の付与日数
6ヶ月 10日
1年6ヶ月 11日
2年6ヶ月 12日
3年6ヶ月 14日
4年6ヶ月 16日
5年6ヶ月 18日
6年6ヶ月以上 20日


●パートタイム、アルバイト等、所定労働日数が少ない労働者の有給休暇付与日数

週所定労働時間が30時間未満で、且つ、週所定労働日数が4日以下、又は、

1年間の所定労働日数が48日から216日までの労働者が、上記(1)(2)を満たした場合は、

下記表Bを基準として、年次有給休暇が付与されます。

【表B】
週所定労働日数1年間の
所定労働日数
雇入れ日からの継続勤務期間(単位:年)
0.51.52.53.54.55.56.5以上
4日169日~216日78910121315
3日121日~168日566891011
2日73日~120日3445667
1日48日~72日1222333