年次有給休暇まとめ

年次有給休暇に関する様々な情報を集めた 年次有給休暇まとめ

年次有給休暇についての情報まとめ


「有給管理」ソフト
株式会社セルズ

18,900円

商品詳細はこちら



「有給管理」ソフト
は、
Windows XP 又はWindowsVista、Windows7/マイクロソフトエクセル2003以上
の環境で使用する事ができる、年次有給休暇管理ソフトウェアです。

「社員名」、「入社年月日」、「年次有給休暇の現在残日数」等、
社員データを登録して、年次有給休暇の消化日数や消化時間を記録する事ができます。


社員の「入社年月日」を元に算出した勤務年数から、年次有給休暇の残日数、
残時間、付与日数を自動で計算します。
繰越日数や付与日の更新は自動で行われます。
年次有給休暇の付与を行わなくてはならない月も、更新作業や設定変更は不要です。


年次有給休暇の付与日は、基準日と入社日の両方に対応。
年次有給休暇の消化を、本年度分から消化するのか、前年度分から消化するのかも
設定可能です。
年次有給休暇の時間単位付与にも対応。
従業員データの登録数、登録可能事業所数は無制限です。


「有給管理」ソフト
株式会社セルズ

18,900円

商品詳細はこちら



年次有給休暇は、入社後半年が経過すると最低10日が付与され、

その後は1年経過するごとに一定日数が付与されます。

年次有給休暇の付与日を、各社員の入社日を基準にすると、

社員によって付与日がばらばらになり、年次有給休暇の管理が複雑になってしまいます。

労働基準法では、管理作業をより簡単にするために、年次有給休暇付与の基準日を設け、

年次有給休暇の付与を基準日に行う事が認められています。


◆年次有給休暇の「基準日」を設ける際の注意点

実際に基準日に年次有給休暇を付与する場合は、労働基準法で定められている付与規定、

「入社後半年が経過」しているかどうかについて、注意をする必要があります。

入社日がどの社員も同一であれば、その入社日に合わせて基準日を設定すればいいですが、

入社日が社員ごとにマチマチな場合も多くあります。

社員によっては、基準日時点で入社後半年を経過していない場合もあります。

このような問題については、年次有給休暇の付与要件である「期間全日数の8割を出勤」

しているかどうかの判断に注意が必要です。

⇒●年次有給休暇の斉一的取扱いとは 参照


このページのトップヘ