年次有給休暇まとめ

年次有給休暇に関する様々な情報を集めた 年次有給休暇まとめ

年次有給休暇についての情報まとめ

有給休暇の省略形として、

「有給」 と、 「有休」 のどちらの表記が正しいのでしょうか。


正確には、「給与の有る休暇」=「有休」が適切です。

しかしながら、「有給」でも意味が通じる為、「有給」と表記されることも多いようです。



参照:Yahoo知恵袋「有給休暇を略して呼ぶ場合、有休 と 有給 ではどちらが適切?」

参照:マイナビニュース「有休、有給、どちらが正しいの?

参照:教えてgoo「“有給”と“有休”」


続きを読む

年次有給休暇(ねんじゆうきゅうきゅうか)とは、

労働者の休暇日のうち、使用者(雇用主)から賃金が支払われる、有給の休暇日のことです。

「年次」とある通り、1年ごとに毎年一定の日数が与えられます。

(国によって、与えられる最低日数は異なります。)

有給休暇、年休、有休などともいわれます。



年次有給休暇は、労働者に与えられる当然の権利です。

その休暇日には労働が免除され、使用者はその休暇日について賃金を支払わなくてはなりません。



年次有給休暇は、1936年の国際労働機関(ILO)第52号条約[1]によって定められました。

第54回総会で1970年6月24日に採択されたILO第132号条約[2]では、労働者の有給休暇は1年勤務につき

3労働週(5日制なら15日、6日制なら18日)以上とされています。

休暇は原則として継続したものでなければならず、事情により分割することができますが、
 
その場合でも分割された一部は連続2労働週以上でなければなりません。

また、原則として放棄してはならないものとされています。

※Wikipedia「年次有給休暇」より


続きを読む

このページのトップヘ