年次有給休暇まとめ

年次有給休暇に関する様々な情報を集めた 年次有給休暇まとめ

年次有給休暇についての情報まとめ



普段、基本給とは別に営業手当をもらっています。
年次有給休暇を取得した場合、年次有給休暇をとった日について営業手当は出るのでしょうか?

基本給に近い形で必ず出している手当(営業手当や技術手当)などは、含む場合がほとんどです。

年次有給休暇取得の際に諸手当を支給しないと、労働基準法第136条「有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならない」に違反するおそれがあります。

ただし手当の内容が、通勤手当のような実費弁償的なものである場合や、業績に応じて毎月変動したり、必ずしも支給されるとは限らない手当の場合には、実際の勤務日数がゼロの場合にまで支給する必要はないといえます。

続きを読む



病院に行くなどの嘘の理由で年次有給休暇をとって、実際は旅行に行って遊んでいたことが会社にばれてしまったら、どうなってしまうのでしょうか?

年次有給休暇は、労働者の権利です。
どのような理由で休暇をとったとしても、会社側は、その理由によって休暇の申請を拒むことはできません。
遊びであっても旅行であっても、病院へ行くなどの用事を済ますためであっても、どのような理由でも年次有給休暇を取得して休むことができます。

しかし、多くの会社では、年次有給休暇や遅刻・早退・欠勤などについて虚偽の申告(=嘘をつく)をしたことを、就業規則で懲戒事由として定めています。
その場合、嘘の理由で年次有給休暇を取得したことがばれると、懲戒事由に該当し、会社から懲戒処分を受けるおそれがあります。

懲戒処分とは、会社の秩序・規律を維持するために、労働者の企業秩序違反行為に対して会社が課す制裁罰のことです。
処分には、戒告(口頭または文書で与えられる注意)、けん責(始末書を書かせるなどの強い戒め)、減給、出勤停止、懲戒解雇などがあります。

最近はSNSなどでズル休みをしたことがばれてしまうことがあります。

嘘をついたことがばれてトラブルになるのであれば、正直な理由で休みを申請するほうがいいかもしれません。

続きを読む

このページのトップヘ